屋内で管理できる | 突然の死も悲しまない【故人を見送る最高の葬儀】
alt_demo_mainimage

屋内で管理できる

仏壇

アクセスの良い屋内型納骨堂

寺院や霊園のなかに納骨堂が設けられているというケースがこれまではほとんどでしたが、最近は納骨堂だけが独立していることも増えてきました。独立といっても、納骨堂の形の永代供養墓が多く、一定期間が過ぎるとお骨は土に還し、経営主体である寺院が永代供養を行うというものです。 こうした納骨堂は駅から近いアクセスの良い場所に建てられていることが多く、屋内型なので天候の影響も受けにくいため、参拝しやすくなっています。 ロッカー型や棚方、位牌を置く仏壇型などがありますが、マンション型も増えています。マンション型は参拝スペースがいくつか用意してあり、受付で機械にカードをかざすと、参拝スペースにお骨や位牌、御堂などが自動でセットされるというものです。ロッカー型や棚方に比べて、プライベートな空間で参拝ができます。

寺院や石材店を通して申し込み

納骨堂の申し込みは、経営主体の寺院や提携先の石材店を通して行います。石材店を通すのは納骨堂は民営霊園の位置づけであることが多く、民営霊園には提携石材店制度というものがあるからです。 民営霊園は経営主体と石材店が共同開発しています。そのため、その霊園でお墓を作れるのは提携先の石材店のみとなっていることがほとんどです。納骨堂ですとお墓を建てるということはありませんが、それでも、石材店が窓口になっていることが多いのです。 これ以外ですと、お墓や霊園の情報を提供しているポータルサイトなどがあり、ここから希望する霊園や納骨堂の窓口になっている石材店を紹介してもらう、という方法もあります。これですと、全国どこからでもメールフォームや電話で問い合わせや申し込みが行えます。