費用について | 突然の死も悲しまない【故人を見送る最高の葬儀】
alt_demo_mainimage

費用について

骨壷を持つ女性

家族葬の費用は、葬儀を行う施設などにもよりますが平均的には大体50万円程度のところが多いです。これは、家族葬でない普通の葬儀ならば平均で120万円程度かかりますので、とても安い金額であるといえます。 この葬儀代のほかに、宗教施設に支払うお布施や食事を用意した際の食事代などが別途で発生します。そのほかにも、暦や遺族の都合の関係上遺体安置が少し長くかかったり、参列者の方に別途返礼品を贈るなどといった理由で追加で支払わなければならない場合もあります。家族葬という葬儀の方式、やり方のほかにどのような宗教で行うかによっても料金が変わってきます。 来られる人数などを算定して50万円程度に追加がいくらかかるかを考えます。

進展する少子高齢化に伴う核家族化によって、葬儀についても大規模ではなく遺族や列席者の負担を少なくすることが求められています。そのなかで、家族葬はそういった方のニーズの拡大に応じて増えてきています。 値段としては、さまざまな条件がありますがコンパクト化したり会場を工夫して安くあげる方法がある一方で、故人の意向に沿ったオリジナルなお葬式にしたり、骨壺や祭壇を贅沢にすることで効果な家族葬をしたりするなど、そのニーズが多様化しています。ですので、家族葬の金額や価格については、費用を抑えたものから普通の葬儀と変わらない費用がかかるものまで多様化しているのが現状です。今後においてもこの流れは続くと考えられます。